Jリーグの選手になるまでの険しい道

ドリブル

サッカーというスポーツは今や世界中にその名が知れ渡っており、その存在を知らない人はいないのではないかと思われるほどの人気スポーツです。日本国内でも非常に人気の高いスポーツとなっており、子供の頃からサッカーをしていたという人は多いかと思います。

多くの人が親しみ誰もが知っているスポーツのサッカーですが、いざそれを本業としてプロになり、本気でサッカーを極めようとするのは非常に大変なことなのです。

国内ならば、まずはJリーグ入りを果たしてプロになることを考えなければなりませんが、これだけでも非常に厳しくシビアな選択などを迫られることになります。そして、Jリーグは入るだけでももちろん大変なのですが、夢叶ってJリーグ入りしてもそこからさらに勝ち進んで、チームの主力として活躍していかなければならないのです。

Jリーガーの引退年齢の平均は25歳といった若さになっており、このことから見ても、限られた時間で迅速に結果を出していかなければとてもやってはいけないものなのです。
サッカーというスポーツは誰もが知っているスポーツですが、実は非常に厳しい世界の中で行われているスポーツなのです。

Jリーグから日本代表に選ばれる選手は、競争という険しい道を勝ち抜いた選手です。

日本サッカーを成長させるJリーグ

ゴール
子供 サッカー

海外サッカーのファンからは国内のリーグはレベルが低く見るに堪えないと批判されることもありますが、それは大きな間違いです。選手の平均的なスキルでは劣る部分があるものの、試合を見れば分かるように戦術の多様さや球際の激しさ、運動量、そして時折見せるスーパープレーなど海外のリーグと同じように楽しめる試合を展開しています。

日本に住む人にとってはJリーグこそが最も楽しめるサッカーリーグであることは間違いありません。
テレビで試合を見ることとスタジアムで試合を見ることは全く異なり、スタジアムに行けば選手のプレーを目の前で見ることが出来ることに加え、サポーターの応援も楽しむことが出来ます。選手とサポーターが一体になる雰囲気はテレビを見ているだけでは味わうことが出来ないのです。

日本代表に選ばれているメンバーもJリーグで経験を積んで成長した選手たちです。日本サッカーの成長を間近で見ることが出来ます。