サッカーの競技人口と一流選手

胸トラップ

最近ではJリーグ出身で、ヨーロッパのリーグでも活躍する日本のサッカー選手が出てきています。このことを見ても日本のサッカーのレベルが上がってきていることが分かります。

ただ、まだ世界でも超一流と言われるような選手は出てきていませんから、そうした人が出てくるようになれば、日本のサッカーも大きく変わってくることになるかもしれません。
既に世界のトップレベルにあることは間違いありませんから、あと少しでヨーロッパの主要リーグにも負けないようなチームが誕生することになるのかもしれません。

そのためには、競技人口をさらに増やすことが肝要でしょう。日本の弱点は、サッカーの競技人口の少なさも一因です。

これまで日本では野球がとびぬけて人気が高くなっていたので、サッカーの競技人口はとても少ないものでした。
ですが、ヨーロッパリーグなど世界のトップレベルの試合などが日本でも見られるようになったことで、よりその人気にも拍車がかかっているような状態でもあります。

人口減少というところが気になるところではありますが、サッカー人気に火が付く要因はたくさんありますから、何らかの形で人気が爆発することも考えられます。やはりそのためには、Jリーグから超一流のスター選手が出てくることが一番でしょう。

確率の問題ですが、競技人口が増えれば超一流選手が誕生する確率はアップします。